気になるレーシック手術の使用器具

レーシックとは角膜に対してエキシマレーザーというレーザーを照射して、屈折率の矯正をしていくことで視力回復を目指すものです。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。
レーシックではまず角膜の表面をスライスし、「フラップ」と呼ばれている蓋状のものを作成していきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。

 

レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。



気になるレーシック手術の使用器具ブログ:21/5/21

おれ達夫婦のケンカは、かなり強烈です。

お互いに、
この時とばかりにお互いに溜まったものを吐き出すので、
何ヶ月も前の話を出してきたりして非常に過激です!!

とは言っても、
お互いに家から出て行くことはなかったんですね。

ところが…
昨日、おれの家内はついに失踪しました。
どちらかが、家を出て行くのは初めてのパターンでした。

もう一度、あの時のことを検証していくと…

雨の日が続き、気分的にもうっとうしい日が続いた。
家内の体調がかんばしくなく、イライラしていた。
おれも仕事が多忙で、イライラしていた。
イライラする分、細かくクチやかましくなっていた。

…などなど、とにかく、
お互いにイライラを募らせた日々が続いてたんですね。

そんなある日、
おれが仕事から帰ってみると、家内の姿はありませんでした。
ただ、真っ暗な部屋がボクを待ちかまえていました。

そして、
まるでおれの帰りをどこかで見てたかのように、
一通のメールが届きました。

「出て行けと言われたので、出て行きます…」

その後、
一人でライスを作り、一人でライスを食べて、
一人で後片付けをして、一人でテレビを見て、一人で洗濯物をして、
一人でお風呂掃除をしました。

カレーを作ってみました。
自分で言うのもなんですが、おいしいカレーができました。

でも、「おいしい!」と発した言葉が、
テレビの声にかき消されていきます。

テレビを見ていても、
おれの笑い声だけが虚しく消えていきました。
一緒に分かち合ってもらない孤独感は、本当に寂しいものでした。

家内はふつか後に帰ってきてくれましたが、
あのままだったら、
おれはおかしくなっていたでしょう…

ホーム サイトマップ