レーシックを受けることの出来ない目の状況

レーシックを受けることの出来ない目の状況



レーシックを受けることの出来ない目の状況ブログ:20/10/26


何年か前、我が家では…

ミーが
「それでね、………でね、そしたら~~~」
とひたすら話す。

旦那は、面倒くさそうに、
「うん、うん、でさ、結論は何?!結論から言ってくれる?」

ミーはむっとして
「え??ちょっと聞いてほしかっただけ、
聞きたくないのなら、もういいよ!」

…といったやりとりが頻繁にありました。

ミーは心の中で
「もう2度と旦那には話さない!」
と決意します。

決して、仲が悪かった訳ではないんですよ。
当時もミーたちは
「仲が良い…少なくとも仲悪くはない夫婦」と
お互いに思っていました。

なので、
もう2度と旦那には話すもんか!と決意しておきながら、
何かあると、やっぱり聞いてもらいたくなり、
懲りもせずに話して…
またけんか、と同じことを繰り返していたわけです。

もうひとつ、よくあったパターンが…

旦那が車を運転中
のろのろしている車や、少々危険な歩行者に対して、独り言のように…
「早くしろよ~!」「まったく、あぶないなあ~!」
と怒る旦那。

それをしばらく助手席で聞いていると、
なぜか無性にイライラしてくるミー。
「そんなに怒らないでよ!相手にも相手の事情があるのよ!」
と旦那に怒る。

感情って、共鳴するんですよね。

しかし、気がつけば、
最近はコミュニケーションの仕方が
ずいぶん変わりました。

車の中での会話でも、
旦那はたぶん同じくらい怒っているのではと思うのですが、
ミーがそれにほとんど腹が立たなくなったのです。

例えば、
危なっかしい歩行者がいたとして、
それに旦那がイライラするとします。

ミーはミーで「ほんと、あぶないね~」と自然に共感できたり、
怒っている旦那を見て、笑えたり…

聞いてほしい時の会話でも、
旦那は以前に比べてよく話を聞いてくれるようになりました。

レーシックを受けることの出来ない目の状況

レーシックを受けることの出来ない目の状況

★メニュー

適性はレーシックの種類によって変わる
気になるレーシック手術の使用器具
レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックは妊娠中は避けるべき
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックとドライアイとの関係
目に疾患がある時のレーシック
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)徹底比較!これがレーシック情報サイト