あの松坂選手もレーシックを受けました

あの松坂選手もレーシックを受けました


あの松坂選手もレーシックを受けました
松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
レーシックの手術の感想として松坂投手は「全然問題ないと言われていたし、しかも治療はアッという間に終了して苦痛もなかった」と報告をされています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。

レーシックで0.05の視力が1.5まで回復した松坂投手も現在では、アメリカで大活躍をしています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?




あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:21/8/16

減量中の炭水化物との上手な付き合い方は、
時間帯によって炭水化物の摂取量を調整することです。

炭水化物は
9時は食べても脂肪として蓄積されにくいのですが、
夜になると脂肪として蓄積されやすくなるからです。

脂肪が体に蓄積される要因として、
「インスリン」というホルモンが関係しています。

このインスリンは、
体に脂肪を蓄積させる作用を持っています。

インスリンは
炭水化物や糖類を多く摂取すると分泌量が増え、
脂肪の蓄積を促進させてしまいます。

だったら
「炭水化物を摂らない方がいいんじゃない?」
と思うかもしれませんが…

炭水化物は
体のエネルギー源として重要な栄養素ですので、
全く摂らないのはダメです!

重要なのは
「適切な時間帯に適量摂る」ことです。

夜は、インスリンの分泌が高まるので、
摂取した炭水化物はエネルギーとして使われにくく、
脂肪として蓄積されやすくなるのですが、
9時は脂肪として蓄積されにくいのです。

炭水化物を摂らないのではなく、
正しい知識で摂取すれば、脂肪の蓄積を抑えることができます。

多くの人は
「炭水化物=太る」と認識していますが、
これは正しくもあり大きな間違いでもあります。

摂らないのではなく、
正しく摂る!のが大切なんです。

9時は一日のエネルギーを蓄えるため
炭水化物を適量摂るようにして、
一日の後半の食べる事になるほど
炭水化物の摂取量を抑えるようにしましょう!

このように
炭水化物を摂る時間帯を調整することで、
体に必要なエネルギーはしっかりと摂取できる上、
体に脂肪が蓄積しにくい食生活となるのです。

――――――以上で今日の報告を終わります。
あの松坂選手もレーシックを受けました

あの松坂選手もレーシックを受けました

★メニュー

適性はレーシックの種類によって変わる
気になるレーシック手術の使用器具
レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックは妊娠中は避けるべき
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックとドライアイとの関係
目に疾患がある時のレーシック
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)徹底比較!これがレーシック情報サイト