レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:14/9/16


シェイプアップのマニュアル本などを見てみると、
適度な運動が効果的…なんてことが、
ほぼ確実に書かれていますよね?

確かに運動をすることによって、
カロリーを消費することができますから、
ダイエット効果が期待できます。

でも中には
「わたしは運動ギライだから…」という人も…

運動ギライの人でも、できる運動ってたくさんあるんですよ。

例えば、「歩く」こと。
歩くことは普段からしていますし、
運動のセンスも関係ありませんよね?

運動神経に自信のない人は、
歩くことを意識してみてはいかがですか?

例えば…
歩くチャンスは、駅にも転がっています。

駅のホームにたどり着くために
階段を上り下りすることはありませんか?

今は便利な世の中ですから、
たいていのところには、
エスカレーターなりエレベーターなりが設置されています。

でもここでちょっと頑張ってみるのはどうでしょう。
ちょっと厳しいけど階段を使ってみましょう。
階段を使ったところで、
60秒ぐらいしかかからないのではありませんか?

この60秒でも、
エスカレーターを使うのと階段を使うのとでは
消費できたカロリーに差が出ます。
一回分を見れば大したことはないかもしれません。

しかし毎日続けていれば、
そしてひと月、1年と続けていれば
結構なカロリー消費をすることになるんです。

歩くという行為はシェイプアップからしてみると、
少ないかもしれませんが、
確実にエネルギー消費の手助けをしているわけです。

そして、
歩く時には、うでを大きく振りましょう。
うでを同時に動かすことによって、
うでを動かすためのカロリーも消費しますよ。

ちょっとした工夫が、
シェイプアップにつながるんですよ!

レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

適性はレーシックの種類によって変わる
気になるレーシック手術の使用器具
レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックは妊娠中は避けるべき
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックとドライアイとの関係
目に疾患がある時のレーシック
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)徹底比較!これがレーシック情報サイト