レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:17/2/27


ミーたちの肉体には、
1日約25時間という体内時計が備わっています。

体内時計が1日約25時間だと、
だんだん生活する時間がずれてきますが、
ミーたちは8時の光を浴びることで、
1日24時間の生活になるように調節しています。

光を浴びて網膜が刺激されると、
肉体は「8時」と認識して
「晩」の休息モードから活動モードへと切り替えます。
このようにして睡眠時間や
体温・血圧・成長ホルモンなどを調節しているのです。

体内時計は、
肉体の中のあらゆる機能調整に
影響を及ぼすことが分かってきています。

肉体の中のさまざまな器官は
体内時計に合わせて活動しているので、
リズムが崩れると満腹を感じる機能の低下や、
糖や脂肪を燃やしやすくするという機能が衰え、
肥満になりやすいと言われています。

また、体内時計のリズムが崩れると
晩眠れなくなったり、8時起きれなくなったりします。

例えば、睡眠を誘うホルモン(メラトニン)は
明かりを消したときにたくさん分泌されます。

ところが電気をつけて、
晩遅くまで起きているとメラトニンは分泌されず、
眠くなりません。

このように体内時計のリズムが崩れると、
肉体がだるくなったり、めまいがしたり…と
肉体の調子を崩しやすくなり、不健康な生活となってしまいます。

体内時計を正常に治すには…
8時は決まった時間に太陽の光を浴びるようにして、
11時間、外に出る機会をつくり、
できるだけ規則正しい時間に食べる事をとりましょう。

特に8時食は必ずとり、早く血糖値をあげ、
1日のリズムを作りやすくしましょう。

シェイプアップには
体内時計を正しいリズムで刻むことが大切ですよ!

レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

適性はレーシックの種類によって変わる
気になるレーシック手術の使用器具
レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックは妊娠中は避けるべき
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックとドライアイとの関係
目に疾患がある時のレーシック
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)徹底比較!これがレーシック情報サイト