レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:18/4/21


ダイエットを始めると、
どうしても早く結果を求めてしまいがち…

食べたいものが食べられない、動きたくないのにトレーニングしなくては…と、
しんどいことをする側面がありますから、
できるだけ早く結果を出して
できるだけ早くダイエットを終わらせたいという気持ちも、
わからないではありません。

ダイエット関連の商品では、
「1ヶ月で○○キロやせる」
といったコピーもよく見かけますが…

短期間でたくさんの体重を落とすことは、
人間の身体にとっては、かなりの負担なんですよね。

そもそも、ダイエットというのは
健康になるという意味合いがあります。
ところが、身体を壊してしまっては
何のためのダイエットかわからなくなってしまいますよね?

医学的な見地から見ると、
自分の体重の一割減を1ヶ月の間に実現することが
理想的なダイエットなんだそうです。

ですから、
1ヶ月に10キロ以上のダイエットをしてもOKなのは、
体重が100キロ以上の人だけなんです。

つまり、
ダイエット商品のコピーでよく見られる、
1ヶ月とかに二桁もやせるなんていうことはありえませんし、
またできたとしても、
身体への影響を考えるとあまりお勧めはできないのです。

あせらずにゆっくりとやることが、ダイエットの鉄則なんです。
あせらなくていいんですから、
別に激しいダイエットをする必要もありません!

また、
「ダイエット=しんどい」というのは誤解です。
少しがんばるだけでもいいので、
長期的に続けることのほうが大切なのです。

「おいらにはこらえ性がないから、ダイエットなんて無理!」
と思っている人は、
その凝り固まった考え方を改めることから、
ダイエットを始めましょう!

レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

適性はレーシックの種類によって変わる
気になるレーシック手術の使用器具
レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックは妊娠中は避けるべき
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックとドライアイとの関係
目に疾患がある時のレーシック
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)徹底比較!これがレーシック情報サイト