レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。
レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。

 

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:21/4/09

ダイエット中は
カロリーコントロールが大切なのは十分わかっています。
でも我慢ばかりではストレスが溜まり、
逆に過食に走ってしまうことにもなりかねません。

チーズケーキや板チョコなど…
たまには、甘いものも食べてみたいですよね!

おやつやスイーツは
確かにカロリーが高いものが多いですが
食べ過ぎなければ、それなりのプラス要因もあります。

一番は何といっても美味しいと感じること。
この感覚はストレス解消にも役立ち、自律神経の乱れを調整し、
ひいてはダイエットにも役立ちます。

また
おやつなどに含まれる糖質は、
脳の唯一のエネルギー源なので、
アメなどはうまく利用すると、ダイエットに有効です。

どうせおやつを食べるなら、
なるべく太りにくい時間帯に食べましょう!

午前中は今日24時間のエネルギーを使い始める時ですから
多少カロリーを摂っても
これからどんどんカロリーを消費すればよいわけです。

昔から職人さんが、
午前AM10時と午後3時に決まって
一服の時間をとっていたのは、
甘いものなどで糖質を摂って、これからの作業に向けて、
エネルギー源をしっかりと確保するためなんですよね!

逆を言えば、カロリーを消費する前は、
多少カロリーを摂っても大丈夫ということ。

要するに、19時寝る前の間食は最悪ということです。

そして、
おやつは美味しいものを、少しだけ食べるようにしましょう。
せっかく買ってきたおやつがあまり美味しくなくても、
もったいないから全部食べきってしまおうなどと思わないこと!

美味しいおやつをちょっとだけ、
ゆったりとした気分で楽しみましょう!
そうした間食なら、こころの安らぎにも好影響を与え、
ダイエットの邪魔にもなりません!



ホーム サイトマップ