適性はレーシックの種類によって変わる

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう。
角膜に何らかの異常を持っている人は、場合によってはレーシックを受けることが出来ないので覚えておいてください。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
レーシックの種類によって角膜の疾患があったとしても手術を受けられる場合もあります。
そのような人も受けることの出来る視力回復手術も今ではあるので、担当医と相談をしてみましょう。

 

レーシックが受けることの出来ない可能性のある人も、まずは眼科に行って相談してみてください。
何らかの別の対処法を紹介してくれることもあるので、まずは優良クリニック探しから始めていきましょう。



適性はレーシックの種類によって変わるブログ:21/2/12

食事制限をすれば、
体重はすぐに減らせると思っている人も多いと思います。

すぐに痩せたい人は、
食べなければ確実に体重は減ると思います。
でも、そのような減量法は決して健康に良くありませんし、
危険もあります。

ボクの仲間は、
目標体重に向けて
無理な食事制限を始めました。

確かに目標だった体重まで
簡単に落とすことができたそうですが、
その後は日々身体がだるく、フラフラしている感じがして、
身体の調子を崩してしまったそうです。

仲間は、
カロリーのことばかり考えて
減量をしていたそうです。

これからは、
健康的にきれいに減量できるように、
食事の栄養バランスをよく考えてしよう…と
反省していました。

また
別の友人も、極端な食事制限で、
カロリーのことばかり考えてしまい、結局失敗してしまったそうです。

この人の食事というのは、
10時食はコーンフレークだけ、
14時食はヨーグルト果物と、カロリーメイト、
晩はおかずだけというような食生活でした。

このような食事でやり始めて、
1週間で9`も体重が減少したそうです。

しかし、
10時食と夕食を極端に制限していたので、
とてもストレスが溜まってしまい、
結局我慢できずに、
夕食をお腹いっぱい食べてしまったようです。

そのため、体重は減るどころか、
増える一方になってしまった…とのこと。

この人たちのように、
無理な食事制限で体重を減らしても、
身体を悪くしてしまったり、ストレスを溜めてしまって
リバウンドしてしまっては意味がないですよね。


ホーム サイトマップ