適性はレーシックの種類によって変わる

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう。
角膜に何らかの異常を持っている人は、場合によってはレーシックを受けることが出来ないので覚えておいてください。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
レーシックの種類によって角膜の疾患があったとしても手術を受けられる場合もあります。
そのような人も受けることの出来る視力回復手術も今ではあるので、担当医と相談をしてみましょう。

 

レーシックが受けることの出来ない可能性のある人も、まずは眼科に行って相談してみてください。
何らかの別の対処法を紹介してくれることもあるので、まずは優良クリニック探しから始めていきましょう。



適性はレーシックの種類によって変わるブログ:21/1/21

減量を実行していると、
しばらくの間は「ストーン」といった感じで、
順調に体重が減ります。

ところがしばらく経過すると、
どんなに減量に効果的だということを実行しても
体重が減らなくなる時期がきます。

「あたくしは減量に向いていないかも」
「あたくしは減量できないんだ」
減量に挫折した経験のある方は、
この時点でこう思ったことはありませんか?

でも、減量をしているときに
なかなか体重が落ちないという時期は誰にでもあるもの。
減量には、停滞期というものが必ず訪れます。

これは、今まで摂れていた食事の量が減ったことで、
身体が飢餓状態に陥っているのではないかと思って、
エネルギーを消費しないようにして、
飢餓を切り抜けようとする身体の本能なんです。

ホメオスタシスとも言うそうですが、
これは誰にでもある、人間のというより、動物の本能なんです。

減量に成功した人と挫折した人との分かれ目は、
減量の停滞期を耐え切ることができるかどうかの
勝負とも言えるかもしれません。

減量をしているときに、なかなか体重が落ちないことは
減量に成功した人も必ず通る道…
このように考えてみてはいかがでしょう。

そうすれば、体重が減らないことに
不安を感じることもなくなり、精神的にも余裕が生まれます。

そして、
「体重が減らない」ということに焦点を当てず、
「体重が増えなかった」ということに着目しましょう。

体重が増えなければ、
減量は少なくとも後退はしていないのですから!



ホーム サイトマップ